土地の登記について

土地の登記に関する土地家屋調査士の業務をまとめています。

 

  • 土地分筆登記

分筆登記(ぶんぴつとうき)とは、一筆の土地(一個の土地)を二筆以上の土地(二個以上の土地)に分割する登記のことをいいます。(逆に、複数の土地を1つにまとめる登記を合筆登記といいます)

詳細を見る

 

  • 地積更正登記

登記記録に誤って記録されている地積を、正しい地積に修正する登記を、地積更正(ちせきこうせい)登記と言います。

詳細を見る

 

  • 境界確定測量

土地の境界をはっきりさせるための測量のことを境界確定測量(きょうかいかくていそくりょう)といいます。また、その測量に基づいて作成された、正しい境界が記載された図面を境界確定図(きょうかいかくていず)といいます。

詳細を見る

 

  • 土地地目変更登記

地目(ちもく)は、土地の利用状況によって定められる名称で、土地の登記記録の表題部に記録されています。この地目が登記記録の地目以外の地目になった時には、地目変更登記(ちもくへんこうとうき)をしなければなりません。

詳細を見る

  • 土地合筆登記

合筆登記(ごうひつとうき・がっぴつとうき)とは、互いに接する数筆の土地を、一つの土地にまとめる登記のことをいいます。(逆に、一つの土地を複数に分割する登記を分筆登記といいます)

詳細を見る

  • 土地に関するその他の業務

土地に関連するその他の業務について。

詳細を見る

ご相談・お問い合せはこちら

新築登記、分筆測量、地目変更等の不動産(土地・建物)に関するご質問や、測量に関するご質問にお答えします。どうぞお気軽にお問い合わせください。
伊藤孝之土地家屋調査士連絡先

お客様相談室 はこちら